発汗恐怖症とは

発汗恐怖症とは

人間の身体は様々な要因でその調子を変化させます。例えば過度な緊張状態に陥った時も身体には様々な変化が表れるのですが、そうした変化の一つに多量の発汗があります。個人個人でその差はありますが、中には非常に多くの汗をかく人もおり、そうした発汗を他人に見せるのを極端に恐れるせいで人との接触を避けるようにする人が少なからず存在します。そういう傾向がある人発汗恐怖症と呼ばれる心の病にかかっている恐れがあり、他人の目が気になって大量に発汗してしまうという人は一度心療内科などの医療機関に足を運んでみたほうが良いかもしれません。

 

発汗恐怖症とは精神的な動揺や激しい緊張をきっかけに大量に汗をかいてしまい、そのことを強く悩むあまりに余計に汗をかいたり、汗をかいた姿を見られないために他人との接触を避けるようにしてしまう状態を指します。発汗恐怖症はそれそのものも問題ですが、他人との接触を避けるようになることで対人恐怖症やうつ病などに繋がってしまうのも怖いので出来る限り早めに治療を行いたいところなのですが、汗腺や交感神経に手を加えるよりは心療内科などで他人の目があってもリラックスする事が出来るような精神を作る事に気を配ったほうが良いといわれています。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

発汗恐怖症とは関連ページ

発汗恐怖症の症状
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症の原因
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症になりやすい人
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症を克服するには
社会性障害についてのサイトです。
発汗が気になる人は
社会性障害についてのサイトです。
臭いの恐怖と発汗恐怖症
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症と多汗症の違い
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症の治療
社会性障害についてのサイトです。