発汗恐怖症と多汗症の違い

発汗恐怖症と多汗症の違い

発汗恐怖症とは名前の通り発汗に対して深い恐怖心を覚える心の病で、緊張した時に出る汗のせいで周りに意識が向かなくなり思うように周りの人とコミュニケーションを取る事が出来なくなったり、下手に意識したせいでさらに汗をかくことで余計にコミュニケーションが難しくなるという悪循環に陥る大変厄介な心の病気です。さらにそこから発展してうつ病やパニック障害を引き起こすこともあるので出来る限り注意しておきたいところなのですが、発汗恐怖症はよく多汗症と同一視され、治療法も一緒管にされる事が多いそうです。この二つに何か違いはあるのでしょうか。

 

多汗症はどちらかというと肉体面の異常が原因で引き起こされる病気で、治療の際も交感神経に手を加えたり汗腺を潰したりといった治療を行う事が多いそうですが、発汗恐怖症は精神的な問題で激しく汗をかくので多汗症と同じ治療を行ってもあまり効果が無いと考えられています。そのため発汗恐怖症を治療するにはカウンセリングなどの心理療法が一番効果的といわれており、大量の発汗を促すような緊張に負けないような強い心を作ったり多少の汗を気にしなくても生活する事が出来るような精神状態を保つ事が出来るようにする事が大切です。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

発汗恐怖症と多汗症の違い関連ページ

発汗恐怖症とは
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症の症状
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症の原因
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症になりやすい人
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症を克服するには
社会性障害についてのサイトです。
発汗が気になる人は
社会性障害についてのサイトです。
臭いの恐怖と発汗恐怖症
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症の治療
社会性障害についてのサイトです。