発汗恐怖症の症状

発汗恐怖症の症状

人と何かしら会話をする機会は誰にもありますが、時には目上の人と会話をするような緊張してしまう舞台も用意されることになるでしょう。そんな時激しく緊張してしまうことで激しく汗をかいてしまうという方が中には多く、それが原因で人との接触を避けるようになってしまったり、汗のほうに気が向いてまともにコミュニケーションを取る事が出来なくなってしまうという方がいます。こういった症状を訴える人は発汗恐怖症という心の病になっている可能性が挙げられ、専門的な治療を行わなければ状況はさらに悪化していくといいます。

 

発汗恐怖症の症状は厳密には汗をかく事ではなく、汗をかいたときの周りの反応を恐れる事が重要です。汗を大量にかくことで相手に不快な気持ちをさせたらどうしようという恐れなどが人よりも強いせいで交感神経のバランスが乱れてさらに発汗が強まったりそのせいでさらに精神的に追い詰められたりと常に負の連鎖が続くような状態になるので、精神的にあっという間に疲弊して人との接触をなるべく避けるようになってしまいます。こうなると後は対人恐怖症やうつ病になってしまうのでそうなる前にカウンセリングなどを受けて緊張に強い心を作っていく必要があります。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

発汗恐怖症の症状関連ページ

発汗恐怖症とは
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症の原因
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症になりやすい人
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症を克服するには
社会性障害についてのサイトです。
発汗が気になる人は
社会性障害についてのサイトです。
臭いの恐怖と発汗恐怖症
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症と多汗症の違い
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症の治療
社会性障害についてのサイトです。