発汗恐怖症の治療

発汗恐怖症の治療

心の病は色々なことをきっかけに引き起こされるといわれており、緊張した時に汗をかくかどうかでも心の病に発展する事があります。発汗恐怖症は緊張した時などに出る汗が気になって周りの人とのコミュニケーションを取る事が出来なくなったり、汗をかいたことを知られることの羞恥心からさらに大量の汗をかくようになるという悪循環を引き起こす厄介な病です。そのまま放置しているとどんどんコミュニケーションを取るのに不安を感じるようになり、最終的にはうつ病などに発展する恐れがあるので、そうなる前に適切な治療を施す必要があります。

 

発汗恐怖症の治療は基本的には心理療法によって行われます。精神的な負荷のせいで汗を大量にかいてしまう事が多いのでまずは激しい緊張を感じないように生活する事が出来るようにカウンセリングなどを行っていきます。さらに汗をかく事に対する事に対する抵抗感を抑えるようにすることで多少汗をかいてもそこから動揺させたり異常に周りの目を気にしないようにさせることで発汗恐怖症の再発を押さえるようにします。治療が難航してきた場合は向精神薬などを用いて強引にでも精神を安定させる方法が取られますがあくまで最後の手段として用いられるので問題は無いでしょう。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

発汗恐怖症の治療関連ページ

発汗恐怖症とは
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症の症状
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症の原因
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症になりやすい人
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症を克服するには
社会性障害についてのサイトです。
発汗が気になる人は
社会性障害についてのサイトです。
臭いの恐怖と発汗恐怖症
社会性障害についてのサイトです。
発汗恐怖症と多汗症の違い
社会性障害についてのサイトです。