ストレス障害とPTSD

ストレス障害とPTSD

ストレス障害の中で特に重篤なものにPTSDと呼ばれる症状があります。正式名称は急性ストレス症候群で、日本でも交通事故やその他症状で見られるようになりました。普段の生活ではまず、このような重篤な病気になることはないのですが、放置しておくと、不眠や認知症などの記憶障害、人格の変化などが多数見受けられます。
そのような症状が多くあると、日常生活で極めて限定的な生活になってしまうことがあります。本人はまったく意識していないものの、症状がひどいと、精神科や心療内科で睡眠薬などの治療薬を受けることも珍しくありません。
精神的な症状が悪化してしまうと、それによって、日常生活や日常業務に影響を与えることになります。無理な生活をしてしまわない前に、きっちりと自分で健康面を管理出来るようにしておくことが望ましいでしょう。急性のストレス障害は、それが原因でPTSDになることが知られています。無理な生活を続けることなく、きっちりと毎日の生活の中でなるべく医師の相談を受けて早いうちに治療を出来るようにしてください。自分の力だけでは、治療が困難なことも珍しくなく、医師により的確な治療によって、症状を改善させることが求められることも珍しいことではないといえます。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

ストレス障害とPTSD関連ページ

無理な生活がストレス障害に
社会性障害についてのサイトです。
ストレスを感じない工夫でストレス障害を回避
社会性障害についてのサイトです。
ストレス障害による生活への影響
社会性障害についてのサイトです。
自覚症状のないストレス障害
社会性障害についてのサイトです。
ストレス障害になる前に
社会性障害についてのサイトです。
重篤な急性ストレス障害
社会性障害についてのサイトです。
ストレス障害と不眠
社会性障害についてのサイトです。
ストレス障害と交通事故
社会性障害についてのサイトです。