ストレス障害と不眠

ストレス障害と不眠

ストレス障害になると、重篤な症状であるPTSDなどを含め不眠に陥ることがあります。これは強烈なストレスが、記憶をつかさどる器官である海馬に影響を与えて不安を呼び起こすためとされています。このような症状が続くと、不眠によって記憶力の低下、倦怠感や、疲労感が目立つようになります。不眠の解消にはストレスを根本的に断つしかないところですが、放置しておくと症状が悪化していくことが目立ちます。
ストレス障害をなるべく早いうちに解消しなければ、症状が非常に悪化してしまうことになります。無理な生活を続けないように、まずはストレス自体の原因を回避するようにしてください。精神科で重大なストレス障害と診断された人は、きっちりと治療を受けて治療をするようにしなければなりません。そうしないと、さらに症状を悪化させることになることは珍しいことではありません。
精神的に自己の統制が取れないようなことになってしまうと、それによって生活全般が崩れてしまうようなことになります。きっちりと自分の精神を保つように的確な方法を取ることで、精神の安定を図ることが出来ます。無理な生活は症状のさらなる悪化につながるので、的確な管理によって、予防対策を講じるようにすることが望ましいでしょう。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

ストレス障害と不眠関連ページ

無理な生活がストレス障害に
社会性障害についてのサイトです。
ストレスを感じない工夫でストレス障害を回避
社会性障害についてのサイトです。
ストレス障害による生活への影響
社会性障害についてのサイトです。
自覚症状のないストレス障害
社会性障害についてのサイトです。
ストレス障害になる前に
社会性障害についてのサイトです。
重篤な急性ストレス障害
社会性障害についてのサイトです。
ストレス障害とPTSD
社会性障害についてのサイトです。
ストレス障害と交通事故
社会性障害についてのサイトです。