重篤な急性ストレス障害

重篤な急性ストレス障害

事故や暴力事件によって、外傷性のストレス障害が発生することがあります。これは、とくにベトナム戦争のときなどの兵士に見られたことですが、急性ストレス障害になると、日常生活で非常に不安定な生活を送ることになってしまます。
本人はそのような症状が発生したことに気づいていないことが多くありますが、実際の症状はかなり深刻で、一度、そのような症状を引き起こしてしまうと、なかなか改善しません。特に急性の症状なので、普段のその人とはまったく違うような症状を引き起こすことも珍しいことではありません。
きっちりと精神的なケアをしなければ、症状はさらに悪化してしまうことがあります。日本では交通事故や暴力事件をきっかけに急性ストレス障害と診断され、精神科や心療内科で治療を受けることが珍しくなくなってきました。そのまま放置してもなかなか症状が改善されないことでも知られているので、きっちりと精神的なケアをすることが望ましいといえます。無理な生活を続けていると、症状に極めて重大な影響を与えてしまうこともあるので、的確な治療が出来るように注意を払っておくようにすることが望ましいでしょう。健康面については、よく生活上で管理できるようにしておいてください。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

重篤な急性ストレス障害関連ページ

無理な生活がストレス障害に
社会性障害についてのサイトです。
ストレスを感じない工夫でストレス障害を回避
社会性障害についてのサイトです。
ストレス障害による生活への影響
社会性障害についてのサイトです。
自覚症状のないストレス障害
社会性障害についてのサイトです。
ストレス障害になる前に
社会性障害についてのサイトです。
ストレス障害とPTSD
社会性障害についてのサイトです。
ストレス障害と不眠
社会性障害についてのサイトです。
ストレス障害と交通事故
社会性障害についてのサイトです。