社交不安障害になりやすい人

社交不安障害になりやすい人

人間生きていれば必ず誰かしら他人とコミュニケーションを取る必要があります。社交不安障害はそんな他人とのコミュニケーションに対して過剰なプレッシャーを感じるようになり、常に激しい緊張を覚えるようになる心の病気です。社交不安障害になっている方はかなりの人数に上っているらしく、症状が進行した結果うつ病やパニック障害を引き起こすケースも珍しくないそうです。そんな社交不安障害になりやすい方とはどのような人なのでしょうか。

 

社交不安障害になりやすい人は人よりも自分をよく見せたいという思いが強い人がなりやすいといわれています。他人からの評価を強く気にして、失敗を他人に見られないように振舞っているうちに他人の視線を普通の人よりも強く気にするようになってしまうことで社交不安障害になってしまうのだそうです。社交不安障害になると他人に見られていると感じたり、他人とコミュニケーションを取らなければならない状況に陥った時に激しい息切れや動悸、発汗に手足の痺れといった症状を引き起こし、まともにコミュニケーションを取る事が出来なくなってしまいます。そしてそれを他人に見られることで余計に他人の目を気にするという悪循環に陥り、症状はさらに悪化してしまうのだそうです。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

社交不安障害になりやすい人関連ページ

社交不安障害とは
社会性障害についてのサイトです。
社交不安障害の名称の変化
社会性障害についてのサイトです。
社交不安障害の症状
社会性障害についてのサイトです。
社交不安障害の治療
社会性障害についてのサイトです。
社交不安障害から発展する病気
社会性障害についてのサイトです。
社交不安障害は早期治療が重要
社会性障害についてのサイトです。
あがり症と社交不安障害の差
社会性障害についてのサイトです。
社交不安障害が生活に与える影響
社会性障害についてのサイトです。