あがり症と社交不安障害の差

あがり症と社交不安障害の差

心の病には実に様々な種類があり、人によって発症する可能性が変動するもの多くあります。社交不安障害は社会活動の場において非常に強いプレッシャーを感じるようになる心の病の一つです。よくあがり症の人がなりやすいといわれていますが、あがり症の人に表れる症状と社交不安障害の患者に表れる症状は似ているようで全く異なり、場合によっては極普通の生活を送る事が出来なくなる可能性もある大変厄介な病気です。そんな社交不安障害とあがり症の差とはどのようなものなのでしょうか。

 

あがり症だという人は大勢の人の前で話す事になるような特殊な環境で激しく緊張してしまうと思いますが、なんて事の無い日常会話において激しく緊張してしまうということはほとんど無いのではないでしょうか。社交不安障害患者はそんな環境であっても他人の目が非常に気になり、ある種の攻撃を受けているような感覚に陥ってしまうといいます。それがひどくなると電話の応対や街中を歩いているだけでも非常に緊張するようになり、最終的には引きこもりがちになりうつ病を引き起こす事になるそうです。このようにあがり症と社交不安障害には大きな差があるので、もし社交不安障害かもと思った方は一度医療機関で相談してみましょう。

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

あがり症と社交不安障害の差関連ページ

社交不安障害とは
社会性障害についてのサイトです。
社交不安障害の名称の変化
社会性障害についてのサイトです。
社交不安障害の症状
社会性障害についてのサイトです。
社交不安障害の治療
社会性障害についてのサイトです。
社交不安障害から発展する病気
社会性障害についてのサイトです。
社交不安障害になりやすい人
社会性障害についてのサイトです。
社交不安障害は早期治療が重要
社会性障害についてのサイトです。
社交不安障害が生活に与える影響
社会性障害についてのサイトです。