社交不安障害の名称の変化

社交不安障害の名称の変化

社交不安障害は日常生活の様々な場面において激しいプレッシャーを感じるようになることで、激しい緊張に晒され続けるようになる心の病気で、そこからさらにうつ病やパニック障害といった病気に発展する可能性があるので出来る限り適切な治療を行う必要があるといいます。そんな社交不安障害ですが、実はこの病気の名称は2008年ごろに変更されたもので、以前は社会不安障害という名称で呼ばれていました。一体どうして社交不安障害に名称が変化したのでしょうか。

 

社交不安障害の名称が変化したのには前の名前である社会不安障害の紛らわしさが問題になったといいます。社会不安障害だと他人との会話などの社交生活以外の生活場面でもそういった症状が表れるのかと勘違いされる事が多かったためより症状が起きる原因を考慮した名称に変更されるようになったそうです。といっても名前が違っても病気の上ではあまり問題ではないので病気について調べる時も社会不安障害で検索して何の問題もありません。それ以外の名称だと社会不安障害を英語書きしたものの頭文字をとってSADという名前で呼んでいます。社交不安障害について調べたい時はこの3つの名称を調べておけば恐らくそれなりの情報を手に入れる事が出来るでしょう。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

社交不安障害の名称の変化関連ページ

社交不安障害とは
社会性障害についてのサイトです。
社交不安障害の症状
社会性障害についてのサイトです。
社交不安障害の治療
社会性障害についてのサイトです。
社交不安障害から発展する病気
社会性障害についてのサイトです。
社交不安障害になりやすい人
社会性障害についてのサイトです。
社交不安障害は早期治療が重要
社会性障害についてのサイトです。
あがり症と社交不安障害の差
社会性障害についてのサイトです。
社交不安障害が生活に与える影響
社会性障害についてのサイトです。