常習喫煙と精神疾患

常習喫煙と精神疾患

日本ではあまり意識されていませんが「常習喫煙」と呼ばれる症状は、最終的に精神疾患の一つと考えることができます。特に糖尿病や、腎臓病、肺気腫などの疾患があるにも関わらず、喫煙の衝動を抑えられないことは、病気をさらに悪化させるリスクが極めて高く、精神的な疾患が原因になっていると考えられます。
患者本人は、「喫煙など対したことがない」と開き直っていることがほとんどですが、多くは慢性的な喫煙をしており、経済的な圧迫はもちろんのこと、精神的にも冷静な判断が出来ない状態になっており、喫煙衝動と強いニコチンの依存が見られるようになります。
そのようになると、喫煙をしていないと、冷静な自己の精神が保てなくなり、通常の職務で長時間勤務することが出来なくなります。不安定な精神状態や自暴自棄な行動などが目立つようになり、体力の低下や睡眠不足、食欲不振、慢性的な肩コリや腰痛といった肉体的な苦痛を伴うようになります。
しかし、患者自身が常習喫煙は精神疾患であることに気いづいていないために、さらに苦痛を緩和するために喫煙を続けるようになり、最終的に重大な肉体的な疾患を併発します。また、精神的にも他の様々な精神病を併発する要因となり、特に10代から20代前半の若年者の喫煙はこれらの衝動を極めて強く助長します。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

常習喫煙と精神疾患関連ページ

アルコール依存症と精神疾患
精神疾患についてのサイトです。
薬物依存と精神疾患
精神疾患についてのサイトです。
精神疾患と薬物への逃避
精神疾患についてのサイトです。
精神疾患とギャンブル依存症
精神疾患についてのサイトです。
精神疾患と常習賭博
精神疾患についてのサイトです。
ギャンブルホーリックと治療
精神疾患についてのサイトです。
ピーターパンシンドロームと精神疾患
精神疾患についてのサイトです。
精神疾患と躁状態
精神疾患についてのサイトです。