精神疾患と躁状態

精神疾患と躁状態

精神疾患には、ギャンブルホーリックなどの症状や、常習喫煙などの症状と関連して見られる衝動として「躁状態」に陥ることがあります。これは、ギャンブルでいえば端的に「熱くなる」状態で、自己を冷静に制御できない状態になることです。
そうなると、金銭の管理がずさんになり、他の支払うべきものがあるのに放棄してギャンブルに熱中してしまうような行動がみられるようになります。また、不眠や衝動的な行動が目立つようになり、2,3日続けて不眠の状態でギャンブルや遊興を続けるような状態が続きます。
これらの人は、一度そのような躁状態に陥ると、自ら制御できないため、それほどの年収がない一般の人でもタクシーで一日に4,5回と乗り継いででも、これらのギャンブルや遊興を続けるようになり、破たんした行動や言動が見られるようになります。そのときには、冷静で自己をセーブ出来るような錯覚を引き起こすことがあります。
このような衝動を抑えるためにも、的確な症状のケアと自覚した生活、周囲の理解が必要です。特に若年者ほど、一度この衝動が身についてしまうと、なかなか抜け出せなくなり、最終的には自らの精神疾患によって経済的にも破たんし、全てを失っても自己肯定できない状態に陥ります。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

精神疾患と躁状態関連ページ

アルコール依存症と精神疾患
精神疾患についてのサイトです。
薬物依存と精神疾患
精神疾患についてのサイトです。
精神疾患と薬物への逃避
精神疾患についてのサイトです。
精神疾患とギャンブル依存症
精神疾患についてのサイトです。
精神疾患と常習賭博
精神疾患についてのサイトです。
ギャンブルホーリックと治療
精神疾患についてのサイトです。
ピーターパンシンドロームと精神疾患
精神疾患についてのサイトです。
常習喫煙と精神疾患
精神疾患についてのサイトです。