精神疾患と常習賭博

精神疾患と常習賭博

ギャンブル依存症が進んだ症状として精神科で診断される病気として「常習賭博」と呼ばれる症状が引き起こされます。常に、ギャンブルをしていないとストレス解消が出来ない状態であり、冷静な精神状態ではなく、金銭管理が出来ない症状を指します。自らの意思でこの状態から脱却できず、常にギャンブルのことばかり考え、勤務中でもパチンコ店に訪れる、月間で半数以上パチンコ店に通う、などの症状が典型です。放置すると、最終的には職務としている業務の遅延、放棄、遅刻、欠席などが目立ち、職場や家庭、知人、友人を失うことになります。
常習賭博の精神的な原因ははっきりとしていませんが、幼年期のトラウマ、対人関係を築くのが苦手な人、ストレス耐性の欠如、自己に対する誇りや自信の欠落、周囲の常習賭博者、依存症患者との強い関わり、劣悪な職場環境、将来への夢や希望の欠落、内向的な自己嫌悪などの症状がある患者が該当されるとされています。
また、症状を加速させる人として、ギャンブルに対する歪んだヒロイズムや、強烈なギャンブルでの勝利体験などが冷静な判断力を失わされているとされています。これらの症状がみられると、慢性化してしまい、通常の業務を行うことが不可能になります。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

精神疾患と常習賭博関連ページ

アルコール依存症と精神疾患
精神疾患についてのサイトです。
薬物依存と精神疾患
精神疾患についてのサイトです。
精神疾患と薬物への逃避
精神疾患についてのサイトです。
精神疾患とギャンブル依存症
精神疾患についてのサイトです。
ギャンブルホーリックと治療
精神疾患についてのサイトです。
ピーターパンシンドロームと精神疾患
精神疾患についてのサイトです。
常習喫煙と精神疾患
精神疾患についてのサイトです。
精神疾患と躁状態
精神疾患についてのサイトです。