精神疾患とギャンブル依存症

精神疾患とギャンブル依存症

精神疾患の一つに「ギャンブル依存症」と呼ばれる病気があります。主に、パチンコやパチスロ、競馬などのギャンブルで全てを破滅させてしまう人たちのことです。現在、パチンコ人口は1800万人ほどいるといわれており、多くの人は大衆娯楽として楽しんでいる、とされていますが、そのうち100万人以上は潜在的にギャンブル依存にかかっているとされています。
ギャンブル依存の初期の症状としては「自分はギャンブル依存症」ではない、と否定することから始まり、「まだ勝ち続けている、自分では管理できる」と開き直るなどの症状が見られます。次にこれらの症状を認めた後でさえ「仕事をしているので、遊びとして問題がない」「それほど悪いものではない」などとギャンブル自体を肯定しようとします。
しかしながら、これらの症状を持つ人の多くは金銭的な管理が出来ず、借金、給料の前借り、家賃や携帯料金の滞納などの金銭に対して明らかにずさんな態度が見られます。これらの症状がある人は、喫煙や飲酒などが慢性化しており、薬物とギャンブルで食費さえもねん出できなくなるにも関わらずギャンブルに対する狂人的な常習性が見られるのが特徴であり、周囲の人を確実に不幸にします。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

精神疾患とギャンブル依存症関連ページ

アルコール依存症と精神疾患
精神疾患についてのサイトです。
薬物依存と精神疾患
精神疾患についてのサイトです。
精神疾患と薬物への逃避
精神疾患についてのサイトです。
精神疾患と常習賭博
精神疾患についてのサイトです。
ギャンブルホーリックと治療
精神疾患についてのサイトです。
ピーターパンシンドロームと精神疾患
精神疾患についてのサイトです。
常習喫煙と精神疾患
精神疾患についてのサイトです。
精神疾患と躁状態
精神疾患についてのサイトです。