薬物依存と精神疾患

薬物依存と精神疾患

薬物に対する依存と精神疾患には強い関わりがあるとされています。特に、アルコールのような長時間にわたって中毒性を示すものと違い、シンナーやコカイン、ヘロインのような法律で禁止されている薬物については、完全な薬物中毒になってしまい、なかなか自分で辞めることが出来ないことがあります。
もちろん、服用してすぐ生命に関わるわけではないので、長時間を経て薬物依存の症状は進行していくことになります。自分では辞めたくても辞められないような状態が長く続き、最終的には中毒症状を引き起こすことになります。
ある程度、自制の利いた薬物の摂取、などはありえず、特に法律に違反した薬物に関しては最終的には、心身ともに破壊してしまいます。これと共通するのが、喫煙やアルコールなどにもある程度の中毒症状があるということです。意識していないだけで、これらの薬物にも少なからず依存症の様子が見られるので、適切な管理をしていかなければなりません。一度、中毒症状に陥ってしまうと、最終的にその病状から抜け出せなくなってしまうことになります。きっちりと自分で管理をしなければ病気自体は、ひどい症状となり、最終的に廃人になってしまうことが予想される重篤な病気です。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

薬物依存と精神疾患関連ページ

アルコール依存症と精神疾患
精神疾患についてのサイトです。
精神疾患と薬物への逃避
精神疾患についてのサイトです。
精神疾患とギャンブル依存症
精神疾患についてのサイトです。
精神疾患と常習賭博
精神疾患についてのサイトです。
ギャンブルホーリックと治療
精神疾患についてのサイトです。
ピーターパンシンドロームと精神疾患
精神疾患についてのサイトです。
常習喫煙と精神疾患
精神疾患についてのサイトです。
精神疾患と躁状態
精神疾患についてのサイトです。