精神疾患

精神疾患

肉体的な病気に比べて、見過ごされやすい症状の一つに「精神疾患」があります。本人も周囲も見過ごしていることがあり、病気が慢性化してしまうことがあります。本人自体は、まったく生活に支障をきたしている様子は無いのですが、全体的におかしな様子がみられるようになると、何かしらの精神疾患を発病している可能性があります。
自覚症状がないのが、精神疾患の特徴であり、そのまま安易に放置すると、症状がさらにひどくなる可能性があります。自主努力だけではどうしようもないことがあるので、なるべく周囲の助けも必要になってくる症状ということがいえます。
無理をすると、最終的にさらに症状が悪化してしまうことがあるからこそ、きっちりと専門医の治療を受けることが大切になります。現在はうつ病などの症状は、おおよそ投薬によって、かなり治療が可能になってきています。これらの対処療法を意識して、きっちりと治療出来るようにしておくことが望ましいといえます。放置しておくと、症状をひどくするだけなので、病状についての正しい理解こそが求められる方法といえます。無理な健康管理は病気をさらに悪化してしまうことで、決して望ましいことではないので、正しい選択を出来るようにしてください。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

精神疾患記事一覧

アルコール依存症と精神疾患

アルコール依存症からなる精神疾患もあるので、意識しないでアルコールの摂取量が増えている人は注意が必要です。現在も、アルコールの病理学的な症状は全てが解明されていませんが、確実に多量に摂取し続けると、アルコール依存症になることが知られています。無理な飲み方をしているという意識がある人は、なるべく早い段...

≫続きを読む

 

薬物依存と精神疾患

薬物に対する依存と精神疾患には強い関わりがあるとされています。特に、アルコールのような長時間にわたって中毒性を示すものと違い、シンナーやコカイン、ヘロインのような法律で禁止されている薬物については、完全な薬物中毒になってしまい、なかなか自分で辞めることが出来ないことがあります。もちろん、服用してすぐ...

≫続きを読む

 

精神疾患と薬物への逃避

精神疾患が見られる多くの患者には身近にある薬物に逃避する傾向がみられます。その一つに、アルコールやたばこなどで日頃のストレスを晴らすなどの衝動が見られます。本人に自覚がなくても、なかなか一度、この症状に取りつかれると、自らの意思でやめることができないことがあります。そのため、適切に医師の指導に従って...

≫続きを読む

 

精神疾患とギャンブル依存症

精神疾患の一つに「ギャンブル依存症」と呼ばれる病気があります。主に、パチンコやパチスロ、競馬などのギャンブルで全てを破滅させてしまう人たちのことです。現在、パチンコ人口は1800万人ほどいるといわれており、多くの人は大衆娯楽として楽しんでいる、とされていますが、そのうち100万人以上は潜在的にギャン...

≫続きを読む

 

精神疾患と常習賭博

ギャンブル依存症が進んだ症状として精神科で診断される病気として「常習賭博」と呼ばれる症状が引き起こされます。常に、ギャンブルをしていないとストレス解消が出来ない状態であり、冷静な精神状態ではなく、金銭管理が出来ない症状を指します。自らの意思でこの状態から脱却できず、常にギャンブルのことばかり考え、勤...

≫続きを読む

 

ギャンブルホーリックと治療

欧米ではギャンブル依存を精神疾患とされており、ギャンブル依存症・常習賭博などの症状を含めて「ギャンブルホーリック」として治療機関を設けています。これらは、完全に精神的な依存であるため、長期的なカウンセリングと自己と向き合うことによって、症状を治療することができます。ただし、これらの症状を克服するため...

≫続きを読む

 

ピーターパンシンドロームと精神疾患

日本ではあまり知られていない精神疾患の一つに「ピーターパンシンドローム」という症状があります。端的に言えば「大人になれない子供」の精神状態を指し、20代前半から30代まで幅広く見られる症状です。幼年期のトラウマと経済的な両親などからの脱却が出来ないために見られる症状で、仕事に対する取り組み方のプロ意...

≫続きを読む

 

常習喫煙と精神疾患

日本ではあまり意識されていませんが「常習喫煙」と呼ばれる症状は、最終的に精神疾患の一つと考えることができます。特に糖尿病や、腎臓病、肺気腫などの疾患があるにも関わらず、喫煙の衝動を抑えられないことは、病気をさらに悪化させるリスクが極めて高く、精神的な疾患が原因になっていると考えられます。患者本人は、...

≫続きを読む

 

精神疾患と躁状態

精神疾患には、ギャンブルホーリックなどの症状や、常習喫煙などの症状と関連して見られる衝動として「躁状態」に陥ることがあります。これは、ギャンブルでいえば端的に「熱くなる」状態で、自己を冷静に制御できない状態になることです。そうなると、金銭の管理がずさんになり、他の支払うべきものがあるのに放棄してギャ...

≫続きを読む