場面恐怖症にならないためには

場面恐怖症にならないためには

最近はうつ病などの心の病になる人が増えてきたといいます。心の病は完治させるのに非常に時間が掛かるといわれており、患者が病気のことを誰にも知られたくない一心で治療を避けているケースも多いですし、長年病気と付き合ってきた人は精神的に不安定な状態が続いて思うように治療が進まないことも珍しくありません。出来ることならこうなる前に予防策を立てておきたいところですが、例えば場面恐怖症と呼ばれる心の病にならないためには一体何を気をつけるようにすれば良いのでしょうか。

 

場面恐怖症がどんな病気なのかというと、多くの人が緊張するような何人もの人に見られるような場面でなくても他人の視線に対して異常とも言えるほど敏感になり、他人とのコミュニケーションに非常に強い恐怖心を抱くようになる心の病で、症状が重くなると人との会話だけでなく電話応対や街で歩いている時にも恐怖心を覚えるようになり最終的にはうつ病などに発展してしまうそうです。そうならないためには他人との会話に恐怖心を感じる事が無いように色々な人と話をして場数慣れする事が非常に大切だそうです。毎日誰かと話していれば自然と人とのコミュニケーションに恐怖心が無くなりますし、より円滑なコミュニケーションを取る事が出来るようになるでしょう。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

場面恐怖症にならないためには関連ページ

場面恐怖症になりやすい人
社会性障害についてのサイトです。
他人とのコミュニケーションと場面恐怖症
社会性障害についてのサイトです。
場面緘黙症から場面恐怖症に
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症とうつ病
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症を克服するには
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症と対人恐怖症
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症に陥るきっかけ
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症を医療機関で治療する
社会性障害についてのサイトです。