場面恐怖症と対人恐怖症

場面恐怖症と対人恐怖症

よく上手く他人とコミュニケーションを取る事が出来ない人の中でも人との接触をなるべく立つようにする人を対人恐怖症と表現していますが、対人恐怖症の人に表れる症状には色々なものがあります。例えば顔が赤くなる事に対して非常に強い羞恥心を持つようになる赤面恐怖症や異常発汗を気にする発汗恐怖症などがありますが、その中でも場面恐怖症は他人に対する恐怖心が非常に強い人に該当する症状とされています。具体的な症状に関しては色々ありますが、主に手足の震えや呼吸が荒くなるなど恐怖によって引き起こされる症状は大体が場面恐怖症に該当するようです。

 

場面恐怖症は他人に対する恐怖心が強いせいで引き起こされるのですが、症状が重くなればなるほど恐怖を感じるようになる場面が増えてくるそうです。例えば何十人の人に大々的なスピーチを行うなどの特殊な環境なら場面恐怖症でなくてもプレッシャーを感じますが、数人単位の人に自分の意見を述べるくらいなら問題ないという人がほとんどでしょう。場面恐怖症になるとこうしたちょっとした場面でも人の視線に恐怖心を覚えるようになり、さらには電話の応対やただ街中を歩いているだけでも恐怖心を覚えるようになってしまうそうです。こうなると日常生活を送るのも難しくなるので早急に治療が必要になります。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

場面恐怖症と対人恐怖症関連ページ

場面恐怖症になりやすい人
社会性障害についてのサイトです。
他人とのコミュニケーションと場面恐怖症
社会性障害についてのサイトです。
場面緘黙症から場面恐怖症に
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症とうつ病
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症を克服するには
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症に陥るきっかけ
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症にならないためには
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症を医療機関で治療する
社会性障害についてのサイトです。