他人とのコミュニケーションと場面恐怖症

他人とのコミュニケーションと場面恐怖症

現代社会に生きる人にとって他人とコミュニケーションを取ることは必要不可欠なことですが、場面恐怖症患者はそのコミュニケーションを上手くこなす事が出来ないそうです。無理やり人と話そうとすると恐怖心から思うように言葉が出なくなってしまったり、異常な発汗や手足の振るえ、赤面症に呼吸困難など様々な身体的な変化を引き起こし、コミュニケーションを取る事が出来なくなってしまいます。こうした症状のせいで場面恐怖症患者はますます他人とのコミュニケーションを取らないようになり、最終的にはうつ病などを引き起こす事になるそうです。

 

場面恐怖症の人がどうして他人とのコミュニケーションが取れなくなるのかというと、場面恐怖症の人は普通の人よりも他人とのコミュニケーションの際自分が他人にどう見られているのかを気にしてしまうのだそうです。例えば自分が他人に不愉快な思いを抱かせていたらどうしようと思うことで異常に緊張してしまったり、特に意識して視線を向け手いるつもりじゃなかったとしても場面恐怖症患者には非常に注目されているように感じたりなど自分が置かれている状況を拡大解釈して激しい恐怖を感じてしまうそうで、早いうちに治療しないとまともにコミュニケーションを取る事が出来なくなってしまうそうです。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

他人とのコミュニケーションと場面恐怖症関連ページ

場面恐怖症になりやすい人
社会性障害についてのサイトです。
場面緘黙症から場面恐怖症に
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症とうつ病
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症を克服するには
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症と対人恐怖症
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症に陥るきっかけ
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症にならないためには
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症を医療機関で治療する
社会性障害についてのサイトです。