場面恐怖症とうつ病

場面恐怖症とうつ病

心の病は色々なことをきっかけに引き起こされますが、やはり人間関係がきっかけとなって引き起こされるケースは非常に多く、現在も多くの方が人間関係から心と身体の調子を崩してしまっています。場面恐怖症もそんな心の病の一つで、他人との接触に異常とも言える恐怖心を覚えてしまい思うように他人とコミュニケーションを取る事が出来なくなってしまいます。それだけでも社会生活を送る上では非常に不利になってしまいますが、場面恐怖症はそのまま放置しているとさらに症状が進行して最終的にはうつ病に発展する恐れがあります。

 

場面恐怖症の怖いところは進行するにつれて恐怖を感じるハードルがどんどん下がっていってしまう点にあります。始めのうちは大勢の人の前で何かを発表する事に激しく抵抗感を感じるといったあがり症から始まったのが何かをきっかけにして何人かの人と話すだけでもひどく不安を感じるようになり、やがては街中を歩いているだけでも誰かに見られているような強迫観念に襲われるようになります。もちろんそのまま放置していれば精神的にどんどん疲弊していき、最終的にはうつ病となり日常生活を送ることも困難になるでしょう。そうならないためにもそういった兆候を自覚した時は出来る限りは焼く病院に行って治療してもらいましょう。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

場面恐怖症とうつ病関連ページ

場面恐怖症になりやすい人
社会性障害についてのサイトです。
他人とのコミュニケーションと場面恐怖症
社会性障害についてのサイトです。
場面緘黙症から場面恐怖症に
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症を克服するには
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症と対人恐怖症
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症に陥るきっかけ
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症にならないためには
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症を医療機関で治療する
社会性障害についてのサイトです。