場面緘黙症から場面恐怖症に

場面緘黙症から場面恐怖症に

場面恐怖症は他人とコミュニケーションを取ろうとする際相手に非常に強い恐怖心を抱くようになり、そのせいで上手く他人とコミュニケーションを取る事が出来なくなる心の病だそうです。現在こういった心の病に悩まされているという方は非常に増えてきているらしく、専門の医療機関で多くの患者が治療を続けています。場面恐怖症になる原因については色々な説がささやかれていますが、その中の一つに幼少期に起きる事が多い場面緘黙症が原因となって引き起こされるのではないかという説があります。

 

場面緘黙症とは幼少期に発祥する心の病で、家庭では話す事が出来るのに幼稚園など特殊な環境に置かれると話す事が出来なくなる状態を指します。発症する原因としては今までになかった社会環境に置かれる事による不安が挙げられますが単なる人見知りとはまた少し違い、回復するまでに年単位の時間が掛かることもあるそうです。大抵の子どもは小学校に上がるくらいには回復するそうなのですが、これがきっかけとなって成長した後も精神的な成長があまり見られず自立心にかけるようになる人が表れ、場面恐怖症に繋がるのではという説が出ています。もちろんはっきりそうだと決まったわけではないので今場面緘黙症のお子さんがいる方は心配しなくても大丈夫です。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

場面緘黙症から場面恐怖症に関連ページ

場面恐怖症になりやすい人
社会性障害についてのサイトです。
他人とのコミュニケーションと場面恐怖症
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症とうつ病
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症を克服するには
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症と対人恐怖症
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症に陥るきっかけ
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症にならないためには
社会性障害についてのサイトです。
場面恐怖症を医療機関で治療する
社会性障害についてのサイトです。