SADとあがり症の違い

SADとあがり症の違い

皆さんはSAD(社会不安障害)という病気をご存知でしょうか。この心の病気は他人の目が気になるせいですぐに緊張してしまうという病気で、あがり症をひどくしたような病気といえば分かりやすいでしょうか。自分であがり症だと自覚している人はもしかして自分はSADなのではと不安になったかもしれませんが、SADの症状は極普通のあがり症のそれよりもはるかに強く、極普通の人ならまず緊張しないような場面でも緊張してしまうという明確な違いがあります。

 

SAD患者が緊張してしまう場面というのは大勢の人に向けて行うスピーチなどあがり症の人ならまず緊張するような特殊な場面だけでなく、日常生活を送っていればまず出てくるであろう場面でも激しく緊張してしまうそうです。例えば2,3人の人と世間話をするだけでもSAD患者は緊張します。なぜそこで緊張すると思う方もいるでしょうが、SAD患者は場の雰囲気を壊すことを恐れたり、何か失敗をしてしまったりなど周りは気にしないような様々な不安を思い浮かべそれらをどうにか回避しようと強いプレッシャーを感じてしまうのだそうです。よりひどくなると周りの視線が気になるせいで外に出る事も出来なくなることもあるそうなので、そうなる前に適切な治療が必要になります。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

SADとあがり症の違い関連ページ

SADになると
社会性障害についてのサイトです。
SADを治療するには
社会性障害についてのサイトです。
どこからがSAD?
社会性障害についてのサイトです。
身の回りにSAD患者がいたら
社会性障害についてのサイトです。
SADになると日常生活が困難に?
社会性障害についてのサイトです。
SADに関する情報
社会性障害についてのサイトです。
SAD患者の治療が行われない原因とは
社会性障害についてのサイトです。
SADからうつ病に
社会性障害についてのサイトです。