SADからうつ病に

SADからうつ病に

SAD(社会不安障害)はいわゆるあがり症をより深刻化させたような精神疾患で、大勢の人や目上の立場にあたる人の前で何かを発表するなどといった特殊な状況以外の極普通の日常生活においても激しい緊張感を覚え、激しいストレスを感じるようになる病気です。SAD患者は非常に多いといわれており、生涯有病率は3%から13%ととも言われています。SADはただそれだけでも十分日常生活に支障をきたしますが、より恐ろしいのがSADをきっかけに違う病気を引き起こす可能性で、他の病気を併発させてしまったためにより治療が困難になるケースが多く報告されています。

 

SAD患者の多くは常に激しいストレスに晒され続けているのと変わらない生活を送り続けています。当然そんな生活が続けば精神的にどんどん疲弊していき、ストレスに対する耐性もどんどん失われていきます。そうなると当然他の精神疾患にもかかりやすくなり、最終的にはうつ病やパニック障害などを併発させて、日常生活を送るのはさらに困難になってしまいます。うつ病やパニック障害の治療はSADの治療よりも長い時間を必要とするのでSADの疑いがあるのではと感じた方はなるべく早く病院に行って正しい治療を受けるようにして下さい。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

SADからうつ病に関連ページ

SADとあがり症の違い
社会性障害についてのサイトです。
SADになると
社会性障害についてのサイトです。
SADを治療するには
社会性障害についてのサイトです。
どこからがSAD?
社会性障害についてのサイトです。
身の回りにSAD患者がいたら
社会性障害についてのサイトです。
SADになると日常生活が困難に?
社会性障害についてのサイトです。
SADに関する情報
社会性障害についてのサイトです。
SAD患者の治療が行われない原因とは
社会性障害についてのサイトです。