SAD患者の治療が行われない原因とは

SAD患者の治療が行われない原因とは

SAD(社会不安障害)は患者が非常に多いといわれている心の病でありながら、ちゃんとした治療を行わない人が多いといわれている大変厄介な病気です。大抵の患者は症状が悪化して日常生活をまともに過ごす事が出来なくなっていたりうつ病やパニック障害など別の病気を併発させてから治療を開始させており、そのせいで治療が長引くことも珍しいことではありません。それだけ悪化すれば厄介な病気なのにSAD患者の治療が行われないのは一体何が原因なのでしょうか。

 

SADの症状はいわゆるあがり症をよりひどくした感じです。普通のあがり症の人でもそれほど緊張しないような場面でも激しく緊張してしまうという人はSADの疑いがあるのですが、他人の目を気にしすぎて自分が心の病になっていることを知られたくないからとただのあがり症と自己診断してしまう事が多いのと他人の目が気になるせいで引きこもりがちになってしまう方が多いせいでSAD患者が治療に来ないと言うケースが非常に多いのだそうです。そうなれば当然現代社会では生きていく事が出来ませんし、他の病気になってより治療が困難になってしまうので、もしSADになっているという自覚があるという方は勇気を出して病院に行ってください。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

SAD患者の治療が行われない原因とは関連ページ

SADとあがり症の違い
社会性障害についてのサイトです。
SADになると
社会性障害についてのサイトです。
SADを治療するには
社会性障害についてのサイトです。
どこからがSAD?
社会性障害についてのサイトです。
身の回りにSAD患者がいたら
社会性障害についてのサイトです。
SADになると日常生活が困難に?
社会性障害についてのサイトです。
SADに関する情報
社会性障害についてのサイトです。
SADからうつ病に
社会性障害についてのサイトです。