対人恐怖症の症状

対人恐怖症の症状

人と話をする機会はどんな人にだって訪れるものですが、対人恐怖症になってしまった方にとっては他人との会話は非常に辛いものとなります。対人恐怖症はその名の通り他人に対して激しい恐怖を覚え、それによって身体に様々な変化が表れるといいます。症状が深刻化するにつれてその身体の変化はどんどん大きくなり、それによって他人の目が余計に気になってしまい症状がさらに悪化するという悪循環に陥るケースが非常に多いので治療はなるべく迅速に行わなければならないそうです。そんな対人恐怖症の症状とはどのようなものなのでしょうか。

 

対人恐怖症の患者の多くは他人と話をする際他人の目が非常に気になってしまうといいます。そうなると激しいプレッシャーが身体を襲い、話し掛けている相手の目を見る事が出来なくなったり、顔が赤くなってしまったりといった変化が表れはじめます。その他にも様々な症状が表れ、手足の痺れや大量の発汗、どもりや呼吸不全といった症状などが表れます。さらにこれらの症状が引き起こされることで相手の視線が余計に気になり、さらに症状が悪化するという悪循環に陥ってしまうので、対人恐怖症患者の多くは恥をかきたくない一心でコミュニケーションを避けるようになってしまうのだそうです。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

対人恐怖症の症状関連ページ

対人恐怖症の治療
社会性障害についてのサイトです。
対人恐怖症が悪化すると
社会性障害についてのサイトです。
対人恐怖症の原因
社会性障害についてのサイトです。
対人恐怖症患者との付き合い方
社会性障害についてのサイトです。
対人恐怖症治療に使う薬
社会性障害についてのサイトです。
対人恐怖症になりやすい人
社会性障害についてのサイトです。
対人恐怖症か判断するには
社会性障害についてのサイトです。
対人恐怖症と生活
社会性障害についてのサイトです。