パニック障害と対人恐怖症

パニック障害と対人恐怖症

パニック障害は自律神経の失調に伴い様々な症状を引き起こす病気の一種で、非常に激しい発作が出る上様々な合併症を引き起こす可能性があるため一刻も早く治療を開始しないと大変危険です。そんなパニック障害の原因には様々な説があるのですが、その内の一つである激しいストレスを与える原因といわれているのが対人恐怖症だそうです。特に最近はこうした精神的なストレスを受ける人が増えてきており、こういった恐怖症を抱えている人の多くが症状を悪化させることでパニック障害になる事が多くなってきているそうです。

 

対人恐怖症はその名の通り人に対して異常なまでの恐怖心を抱くことで思うように他人とコミュニケーションを取る事が出来なかったり、人の視線が気になって常にプレッシャーを感じるようになるなどの症状が表れます。この時に受ける多くのプレッシャーが精神に大きな負担をかけてしまうことで、脳細胞の一部に異常が発生してパニック障害の発作の原因となるのだそうです。この状態から脱出するにはストレスの元を取り除くしか方法が無いので、あまりに激しいストレスを感じる環境だった場合は一時的に抜け出してでも治療に専念したほうが良いでしょう。このまま無理しても次はうつ病などに発展するだけです。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

パニック障害と対人恐怖症関連ページ

パニック障害の症状
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害の原因
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害になりやすい人
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害が悪化すると
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害の治療法
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害と薬物慮法
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害と依存症
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害は予防できる?
社会性障害についてのサイトです。