パニック障害と薬物慮法

パニック障害と薬物慮法

パニック障害は自律神経の失調を呼び起こし激しい動悸や呼吸困難、発汗に激しいめまいなど様々な症状を引き起こし、精神的にどんどん疲弊していく大変厄介な病気です。そのまま放置していれば精神的な疲労はピークに達して最終的にはうつ病などに発展する可能性があるのでそうなる前に出来る限り適切な治療を行って回復させる必要があります。しかしパニック障害の治療は時間が掛かることも多く症状が激しいうちは思うように治療を進める事も出来ないので、より治療をスムーズに進めるために薬物療法を行なう事がよくあります。

 

パニック障害を薬物療法で治療する場合はパニック障害によって引き起こされる発作を抑えるための薬を服用してある程度容態を安定させた間に心理療法を行いパニック障害の原因となっていると思われるストレスを取り除くようにしたり、不安の元を解消させることで発作を起こす可能性を抑えて最終的には薬を使用することなく治療を行う事が出来るようにしていきます。ただしこの時使用する向うつ薬や抗不安薬は副作用もある程度あるので使用時は医師の指示通りに服用しなければなりません。時折治したい一心で薬を大量に服用しようとする方もいますが大変危険なので絶対に行わないでください。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

パニック障害と薬物慮法関連ページ

パニック障害の症状
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害の原因
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害になりやすい人
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害が悪化すると
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害の治療法
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害と依存症
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害と対人恐怖症
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害は予防できる?
社会性障害についてのサイトです。