パニック障害が悪化すると

パニック障害が悪化すると

パニック障害は色々な心の病が悪化した時に発症しやすい病気といわれています。例えば対人恐怖症の患者の場合だと他人と話す事に異常なストレスを感じて他人との接触を絶とうとしますが、この時の激しいストレスは脳の一部に負荷を与えて自律神経の不調の原因となります。この時の症状がパニック障害になった時の発作で、このように心の病を抱えた方の多くは合わせてパニック障害になる事が非常に多いのだそうです。ではさらにパニック障害が悪化した場合は一体どうなるのでしょうか。

 

パニック障害の症状には色々なものがありますが、代表的なものを挙げると激しい動悸や呼吸困難にめまいや異常発汗など実に様々な症状が挙げられます。それぞれは命に別状は無いもののいつ起こるか分からない辛い発作におびえて暮らさなければならないためストレスはどんどん溜まっていきさらにパニック障害を悪化させる事になります。そうすると精神的なダメージはどんどん蓄積されていき最終的には思考能力が著しく低下して無気力な状態がずっと続くいわゆるうつ状態になります。この後はもう自殺するかどうかの瀬戸際といった状況に陥るのでそうなる前に治療を始めなければ社会復帰することは出来なくなるでしょう。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

パニック障害が悪化すると関連ページ

パニック障害の症状
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害の原因
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害になりやすい人
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害の治療法
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害と薬物慮法
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害と依存症
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害と対人恐怖症
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害は予防できる?
社会性障害についてのサイトです。