パニック障害と依存症

パニック障害と依存症

脳に異常が発生する事によって引き起こされる病気は色々ありますが、中でも代表的な病気といわれているのがパニック障害です。パニック障害になると自律神経に異常が発生して激しいめまいや呼吸困難、発汗異常に動悸など様々な症状を引き起こし、精神的に激しい負担を受ける事になります。さらにパニック障害は様々な合併症を引き起こしやすいことでも知られており、中でもトップクラスに多い合併症といわれているのがいわゆる依存症です。特に多いといわれているのがアルコール依存と薬物依存というのですからその危険性は一目で分かるかと思いますがどうしてこうした依存症を引き起こしてしまうのでしょうか。

 

パニック障害によって引き起こされる依存症は全てパニック障害の症状を和らげる事が出来る事が原因といわれています。例えばアルコールはパニック障害の初期段階においては発作の原因となるストレスや不安を解消させる効果があり、発作の頻度を遅らせる事が出来るのですが、症状が重くなるとその効果がどんどん薄れて自然とアルコールの量が増えて依存症を引き起こしてしまい、薬物療法も発作を抑えたい一心で医師の指示を無視して大量摂取する事によって引き起こされる事が多いそうなので特に注意が必要です。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

パニック障害と依存症関連ページ

パニック障害の症状
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害の原因
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害になりやすい人
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害が悪化すると
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害の治療法
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害と薬物慮法
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害と対人恐怖症
社会性障害についてのサイトです。
パニック障害は予防できる?
社会性障害についてのサイトです。