社会性障害

PTSDと不眠

交通事故や暴力事件などに巻き込まれ、PTSDなどの精神疾患を引き起こした人には不眠の症状が発生することがあります。悪夢が継続的に続くような状態は、不眠を引き起こしやすく、それが精神的に大きなトラウマになってしまうことがあります。放置すると、さらに状況がひどくなってしまうことがあるので、出来る限り早期に精神科にかかり専門的な治療を受けることが望ましいといえます。なかなか不眠を緩和するのは個人の努力だけでは難しく、専属的な治療を受けるようにすることが必要です。きっちりと対処しなければ、かなりひどい状態になってしまうことも珍しくないので、出来る限り治療を専念するようにしておくと、症状をかなり緩和できます。精神的に病んでいる状態が続くと、それが慢性化してしまうこともあるので、出来る限りそのような状態は避け、きっちりと専門医に治療を受けるようにしておくことが望ましいでしょう。不眠は決して望ましい状態ではないので、自分でそのような病気を緩和できるように意識いておくことが必要です。無理をすると、精神的に破たんしてしまうこともあるので、早期に専門的な治療を受けるようにしておくとよいでしょう。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

PTSDと不眠関連ページ

ストレスと不眠
社会性障害についてのサイトです。
運動不足と不眠
社会性障害についてのサイトです。
環境の変化と不眠
社会性障害についてのサイトです。
神経質と不眠
社会性障害についてのサイトです。
不眠の習慣がつく
社会性障害についてのサイトです。
精神的な負担と不眠
社会性障害についてのサイトです。
不眠のリズムがつく
社会性障害についてのサイトです。
ストレスの解消と不眠の解消
社会性障害についてのサイトです。
不眠が長く続く状態
社会性障害についてのサイトです。