社会性障害

不眠って、本当に辛いですよね。
実は現代人の5人に1人がなんらかの不眠の症状を持っているとも言われています。
それは、人によって症状も度合いも様々です。
まず、典型的なのが、寝付きが悪いパターンと、途中で起きてしまうパターンですね。
そして、それ以上に辛いのが、眠りが浅いパターンの方です。
自分自身でも気を使って、少しでも睡眠時間を確保しよう!と早めに眠りについたつもりなのに、朝起きづらい、昼間に強烈な眠気に襲われる、寝不足のような気分が抜けきれず体調が優れない・・・などなど、自分でもなぜ?と思うくらい眠気に襲われるんですよね。夢をよく見る方や寝相が悪い方などは、眠りが浅い可能性大です。
特に女性の方で不眠に悩まれている方、多いのではないでしょうか。女性の場合、体調だけでなく、お肌や髪にまで睡眠の質が表れると言います。睡眠の時間によってお化粧乗りも変わってくることを皆さん実感されているはずです。
その理由は、女性ホルモンが深く関わっているでしょう。生理前に眠くなる、妊娠中はやたら眠い・・・などもそれが理由なんですね。また、更年期障害の疑いがあると、眠気が一気に増したり、不眠の症状が表れます。それは、更年期になると一気に女性ホルモンが減るなどホルモンバランスの変化が出てくるからです。不眠は女性の心や身体の鏡と言っても過言ではないでしょう。
では、不眠を改善するために今日から気をつけられることとは何でしょう。まず、これは男女問わず言えることなのですが、睡眠の前に交感神経を刺激することは避けましょう。タバコやテレビ・携帯電話の光、寝る直前の食事などは身体が錯覚を起こしてしまう主な原因となります。意外にも、夜、熱いお風呂に入ることもダメです。睡眠前にお風呂に入ること自体は良いことなのですが、温度はぬるめの設定で。熱いお風呂に入りたいなら、朝がおすすめです。また、朝起きたらまずカーテンを開けて光を浴びること、休みの日もお寝坊しないで決まった時間に起きること、なども大切な心がけです。
そして、交感神経の刺激とは反対に、リラックスの空間を作りましょう。女性ならアロマオイルの香りなどで癒されてから、布団に入ってみては?アロマオイルなんてめんどくさい!と思う方は、好きな香りのボディクリームなどでもいいと思います。「香り」って女性ホルモンにとってかなり有効なんですよ。なので、自分の落ち着く香りを常に探しておくのも大切です。
睡眠って、特に女性には、美容にも健康にも最も欠かせないものですよね。今日から睡眠の質を高めて、不眠を改善していきましょう。きっとあなたの心も身体もスッキリし、生活にハリがでること間違いないです。

 

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

不眠の原因と対策・解消法記事一覧

ストレスと不眠

ストレスと不眠については非常に密接に関係しています。あまり普段は意識しないかもしれませんが、放置すると、不眠の状況が続き、精神病を引き起こすことがあります。これらの状態は、仕事や人間関係、自分のコンプレックスなどによって引き起こされることがあり、健康上、よろしくない状態です。出来る限り早くこの状態は...

≫続きを読む

 

PTSDと不眠

交通事故や暴力事件などに巻き込まれ、PTSDなどの精神疾患を引き起こした人には不眠の症状が発生することがあります。悪夢が継続的に続くような状態は、不眠を引き起こしやすく、それが精神的に大きなトラウマになってしまうことがあります。放置すると、さらに状況がひどくなってしまうことがあるので、出来る限り早期...

≫続きを読む

 

運動不足と不眠

運動不足や不規則な生活が続くと不眠の症状を引き起こすことがあります。本人はあまり意識いていないものの、そのような症状は、決して望ましいものではありません。無理をしないで、早期に解決できるように、生活習慣を改善できるように取り計らうことが望ましいといえます。きっちりと不眠を解消できるように、リズムある...

≫続きを読む

 

環境の変化と不眠

新しい環境になじめないときや、何か問題を抱えているときなどは不眠になりがちです。自分の力だけではどうすることも出来ないこともあるので、出来る限り早期にこのような場合、精神科や心療内科で治療を受けることが望ましいといえます。自分でどのようなことが不眠になっているのか、という根本的な原因がはっきりとしな...

≫続きを読む

 

神経質と不眠

性格的に神経質な人の場合には、不眠になりやすいといえます。職場での叱責や人間関係を何か気に病むようなことになってしまうと、不眠になってしまうことがあります。余計なことを考える前に、自分でそれ以上ひどい状態にならないように、適切に配慮をしておくことが望ましいといえます。きっちりと自分で適切な対処をすれ...

≫続きを読む

 

不眠の習慣がつく

不眠が習慣になってしまう人の場合、余計な負担が大きくなってしまわないように、注意を払うことが大切です。一度、不眠に陥ってしまうと、それが癖になってしまうこともあります。そのような場合、なかなかそこから脱却できなくなることがあります。出来る限り自分で、そのような状況を避けるように、きっちりと自己管理が...

≫続きを読む

 

精神的な負担と不眠

余計な精神的な負担が大きくなってしまうと、不眠に陥ることは珍しいことではありません。自分では気づかないだけで、不眠の習慣が慣例になってしまっていることがあります。それは非常にまずい傾向なので、出来る限り早期に、きっちりと自分を見直せるようにしておくことが負担の軽減にもつながります。自分でどういうとこ...

≫続きを読む

 

不眠のリズムがつく

生活習慣が、完全に不眠になるようなリズムになってしまうと、そのような状況から健康を崩すことがあります。自分では意識していませんが、一度、不眠になってしまうとそれが慢性化してしまうことも珍しくありません。出来る限りそのような状況を避け、きっちりと意識を変えて対応することが望ましいといえます。無理なこと...

≫続きを読む

 

ストレスの解消と不眠の解消

余計な精神的なストレスを抱えることは不眠になる大きな原因です。自分では気づいていないだけで、そのような状態は決して望ましいものではありません。そのあたりの状況はある程度、自分でコントロールすることができますが、放置しておくと、なかなか軽減することができません。きっちりと自分で健康に対する対処をしなけ...

≫続きを読む

 

不眠が長く続く状態

余計な精神的な負担がかかることが多くなると、不眠になってしまうことがあります。自分ではあまり意識していないだけで、不眠に落ちいってしまうとなかなかそこから抜け出せなくなってしまいます。そのような状況は決して歓迎できないので、なるべく、自分で余計なストレスを感じないように配慮しなければなりません。無理...

≫続きを読む