赤面恐怖症とストレス

赤面恐怖症とストレス

赤面恐怖症はいわゆる心の病の一つで、他人と会話をしたりするときに赤面するようになるのと共にその症状を他人に見られるのを極端に恐れる病気です。この病気はストレスと密接な関係にあり、様々な条件によって与えられるストレスによって病気がさらに進行したり別の病気を引き起こす可能性があるので、赤面恐怖症を治療するにはストレスの元を根本から取り除く事が大切です。では赤面恐怖症の元となるストレスを取り除くには一体どうすれば良いのでしょうか。

 

赤面恐怖症の元となるストレスは他人との接触によって引き起こされます。特に自意識が人よりも強いという方は他人と話すときに強いストレスを感じる事が多く、この時脳の働きを安定化させようとするために顔が赤くなってしまうのだそうです。この時顔が赤くなってしまったと感じてしまうと自意識が強い人はさらに強いストレスを感じるようになりますます顔が赤くなってしまうという悪循環に陥ってしまい、ストレスはどんどん溜まっていってしまうそうです。その結果うつ病などを引き起こす事が多いので、赤面恐怖症の治療を行う際はそういったストレスを感じることなく会話する事が出来るよう心理療法を繰り返す事になるそうです。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

赤面恐怖症とストレス関連ページ

赤面恐怖症とは
社会性障害についてのサイトです。
赤面恐怖症と対人恐怖症の関係
社会性障害についてのサイトです。
羞恥心が強いと赤面恐怖症になりやすい?
社会性障害についてのサイトです。
あがり症=赤面恐怖症?
社会性障害についてのサイトです。
赤面恐怖症を克服するには
社会性障害についてのサイトです。
赤面恐怖症を医療機関で治療する
社会性障害についてのサイトです。
赤面恐怖症は薬で治せる?
社会性障害についてのサイトです。
赤面しやすい人
社会性障害についてのサイトです。