赤面恐怖症と対人恐怖症の関係

赤面恐怖症と対人恐怖症の関係

心の病の多くは他人に自分がどう見られているかを強く考えすぎる方がなりやすいといわれています。赤面恐怖症などはその代表的な病気の一つで、赤面恐怖症が発展することで他の症状を引き起こし、対人恐怖症へと変化していきます。このように赤面恐怖症は対人恐怖症と深く関係があり、大抵の対人恐怖症患者は対人恐怖症治療のために赤面恐怖症と同じ治療を行う事が多いようです。逆に言えば赤面恐怖症を治療する事が出来れば対人恐怖症に発展することも無いので、現在赤面恐怖症になっているという方は対人恐怖症になる前に治療を済ませてしまいましょう。

 

赤面恐怖症は他人と対峙した時に顔が赤くなってしまう事が異常に恥ずかしく感じるようになる病気です。顔が赤くなる人はそれほど珍しいほどでもないので見ている人も激しく気にしていないことがほとんどなのですが、赤面恐怖症患者はそれでも強く赤面している顔を見られていると意識してしまい、相手の視線に対して非常に強いプレッシャーを感じるようになります。そうすることでさらに赤面が増してさらに赤面を気にするようになる悪循環に陥ってしまい、最終的にはうつ病などの病気に発展してしまいます。そうならないためにも赤面恐怖症の方は早めに専門の医療機関で治療しましょう。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

赤面恐怖症と対人恐怖症の関係関連ページ

赤面恐怖症とは
社会性障害についてのサイトです。
赤面恐怖症とストレス
社会性障害についてのサイトです。
羞恥心が強いと赤面恐怖症になりやすい?
社会性障害についてのサイトです。
あがり症=赤面恐怖症?
社会性障害についてのサイトです。
赤面恐怖症を克服するには
社会性障害についてのサイトです。
赤面恐怖症を医療機関で治療する
社会性障害についてのサイトです。
赤面恐怖症は薬で治せる?
社会性障害についてのサイトです。
赤面しやすい人
社会性障害についてのサイトです。