赤面恐怖症とは

赤面恐怖症とは

人間の病気には様々な病気がありますが、中には肉体的なダメージを与える病気だけでなく精神的なダメージを与える病気もあり、精神的な病気はより治療が困難になることもあるといいます。赤面恐怖症もそんな精神的なダメージを与える病気の一つで、対人恐怖症の原因にもなる可能性があると言われています。人よりも自意識が強かったり内気な性格の人がなりやすいといわれており、早めに治療を受けておかないと将来的に社会生活を送る事が困難になるかもしれないという話もあります。赤面恐怖症とは一体どのような病気なのでしょうか。

 

赤面恐怖症はその名の通り赤面した顔を他人に見せるのを極端に恐れる病気です。誰かと会って緊張した時などに顔が赤くなってしまうという人は珍しくありませんが、この時の顔を見られるのが非常に恥ずかしいと感じる人にとっては非常に強いストレスとなります。その上他人と会ったとき顔が赤くならないようにと意識しすぎてさらに顔が赤くなってしまうことでさらに強いストレスを生むという悪循環に陥ることも多く、最終的には対人恐怖症からうつ病などに発展して自殺してしまうケースも報告されています。そうなる前に赤面することの無いような精神状態で会話する事が出来るように医療機関などで心理療法を受けることをオススメします。

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

赤面恐怖症とは関連ページ

赤面恐怖症と対人恐怖症の関係
社会性障害についてのサイトです。
赤面恐怖症とストレス
社会性障害についてのサイトです。
羞恥心が強いと赤面恐怖症になりやすい?
社会性障害についてのサイトです。
あがり症=赤面恐怖症?
社会性障害についてのサイトです。
赤面恐怖症を克服するには
社会性障害についてのサイトです。
赤面恐怖症を医療機関で治療する
社会性障害についてのサイトです。
赤面恐怖症は薬で治せる?
社会性障害についてのサイトです。
赤面しやすい人
社会性障害についてのサイトです。