適応障害のタイプ

適応障害のタイプ

適応障害は主にストレスによって発症する心の病の一つです。社会生活を送るのに支障をきたすような様々な症状を引き起こす上、放置しておけばうつ病などに発展する可能性もある実に厄介な病気です。さらにこの病気を厄介なものにしている原因が症状に様々なタイプがあるという点で、同じ適応障害の患者でも全く同じ症状が表れることも珍しくないので、中々適応障害だと気づかれないこともあるそうです。そんな適応障害の症状には一体どのようなタイプがあるのでしょうか。

 

適応障害は主に身体に係わる症状と精神に係わる症状、そして行動の不自然さが挙げられます。身体的症状はいわゆるうつ病に表れる症状に似ているといわれており、慢性的な倦怠感や頭痛や腹痛、神経過敏など色々な症状が表れます。精神的な症状は攻撃的な精神状態になる事が多く、周りに暴力を振るったり物に当たったりといった変化が目立つようになるそうです。そして行動の変化は幼児性が目立つ行動を取るようになるといわれており、万引きなどの軽犯罪を行うようになったり、ルールを破ったことを咎められても誰にでも分かるような嘘でごまかそうとするなどの行動を取るようになります。こうした症状が表れた人を確認した時はなるべく早く病院での治療を勧めてあげてください。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

適応障害のタイプ関連ページ

適応障害とは
社会性障害についてのサイトです。
適応障害の症状
社会性障害についてのサイトです。
適応障害の原因
社会性障害についてのサイトです。
適応障害の治療
社会性障害についてのサイトです。
適応障害になりやすい人
社会性障害についてのサイトです。
適応障害が悪化すると
社会性障害についてのサイトです。
適応障害は甘えか
社会性障害についてのサイトです。
適応障害が生活に与える影響
社会性障害についてのサイトです。