適応障害とは

適応障害とは

ストレスへの耐性は人それぞれで大きく上下します。例えば少し不安に感じたり怒りを感じたりする事があっても次の日にはすっかり忘れる事が出来る人も居ればいつまでも昔の不満を引きずっているという人もおり、耐性の差によっては精神面に限界を向かえて心の病になってしまうことも珍しくありません。適応障害はそういったストレスが原因によって引き起こされる心の病の一つで、ストレスによって日常生活や社会生活において障害が発生して一般的な生活を送る事が出来なくなってしまいます。

 

適応障害になった人の多くは激しいストレスによって適応障害になった人ばかりではなく、積もり積もったストレスがあふれ出た事によって適応障害になった人のほうも非常に多いといいます。そのため適応障害になった後に身体に異常が発生しても何が原因となって引き起こされたの判らないということも多く、病気になったことを見逃して治療が遅れてしまうことも多いので注意が必要です。さらに適応障害は症状が実に豊富で、前に適応障害になった人の症状を見た事があってもその人とは全く違う症状が表れると中々適応障害になった事に気づく事が出来ないので適応障害とはこういうものだという固定観念はあまり持たないようにしたほうが良いでしょう。

 

 

 

不眠の原因・対策、解決法はこちらのページへ   社会不安障害の情報はこちらのページへ

適応障害とは関連ページ

適応障害の症状
社会性障害についてのサイトです。
適応障害の原因
社会性障害についてのサイトです。
適応障害のタイプ
社会性障害についてのサイトです。
適応障害の治療
社会性障害についてのサイトです。
適応障害になりやすい人
社会性障害についてのサイトです。
適応障害が悪化すると
社会性障害についてのサイトです。
適応障害は甘えか
社会性障害についてのサイトです。
適応障害が生活に与える影響
社会性障害についてのサイトです。